時給の高い深夜のコンビニバイト

一方的に時給を減額されたら

時給の高い深夜のコンビニバイト 何の連絡もなく、一方的に時給を減額されると言うことは多々あります。しかし、これは法律上許されることではありません。労働者と使用者が話し合って、決めたのなら問題はないです。しかし、使用者が一方的に賃金の減額を決めることは禁じられています。もし、事前の連絡もなく時給が減額されたら、まずは使用者と話し合いましょう。これが一番早い解決方法です。しかし、労働者個人が交渉したところで、使用者に相手にしてもらえないでしょう。少し交渉して分かってくれるのなら、一方的に時給を減額すると言う行動は取らないはずです。

交渉しても話を聞いてもらえない場合は、行政機関に相談しましょう。こう言う場合、すぐに裁判を思い浮かべる人もいますが、それは最終手段です。裁判をするにはお金がかかりますし、判決が出るのにそれなりの時間がかかります。準備も大変です。ですから、まずは行政機関を活用するのが基本と言えるでしょう。もちろんですが、行政機関に相談に行っても、お金は一切かかりません。また、使用者に真剣な思いを伝えるためには、内容証明郵便を利用すると言う方法もあります。これをもらった時点で、観念すると言う使用者も少なくありません。

Copyright (C)2022時給の高い深夜のコンビニバイト.All rights reserved.